Jr.GPファイナリストのルッツとフリップを見てみよう

ルッツとフリップの右足の動きとプレロテのみに注目して書いた記事 なぜルッツとフリップかっていうと、プロトコル上同じ表記でもっとも差異があるジャンプだと感じているため ルッツとフリップは左足のインとアウトのエッジエラーはテクニカルが判断して減点するが、踏み切り全体の良し悪しは現在ジャッジに委ねられている 左足だけで踏み切るジャンプではないので右足も評価の対象であるはずが、現在どうなっているか ちなみに自分はこれぐらい細分化して見ている ◎ お手本→トゥをついた反動でキレイに跳び上がる◯ クリーン→トゥで跳ぶがプレロテが少しある△ 微妙→一応トゥで跳んでいるがプレロテが大きい。✕ ダメなやつ→トゥではなくエッジで跳んでる✕✕ 本来は拙い踏み切りで引き下げ対象(現在はほぼ無視状態なエラー項目である)     →エッジで跳び、ブレード全体が氷面についている。プレロテも大きい。              ◯以上は進行方向に真っ直ぐに足を振り下ろすのに対して、△以下は膝や足首は進行方向から斜めに下ろす傾向にある。 通常速度であっても自分は踏み切りの良し悪しを見分けるポイントとして見ている。 プラス面の2)の踏切が良いは◯以上であってほしい。✕以下はトゥですら踏み切っていないので論外だと思うのだが…… もちろん、跳ぶ位置によって見えにくいこともあるだろうけど。これはあくまでもライスト映像を見て思った自分の印象である。 …

続きを読む