宇野昌磨、ロンバルディアトロフィー2017 SPの分析


Screenshot_20170915-223526.jpg



4F → -3


 プラス項目 0つ

 マイナス要素
   拙劣な踏み切り -1
   拙ない着氷 -1
   回転が足りない -1


FCSp → +1

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数


StSq → +1

    プラス項目   3つ
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている
   7)開始から終了まで無駄な力が全くない


4T+3T → 0

 プラス項目 1つ
   2)明確ではっきりとした(SPではさらに、独創的で、面白く、オリジナル性のある)ステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る


3A → +2

 プラス項目 5つ
   1)予想外の/独創的な/難しい入り
   2)明確ではっきりとした(SPではさらに、独創的で、面白く、オリジナル性のある)ステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   7) 開始から終了まで無駄な力が全くない


CSSp → +1

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数


CCoSp → +1

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   4)規定回転数を明らかに超えた回転


自己採点のGOE合計は0

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20170915-172343.jpg

プロトコルのGOE合計は+8.86

自己採点との差は8.86





4F
videotogif_2017.09.15_16.52.10.gif

先シーズンよりもジャンプ前のステップは増えてはいるが、身体の回転は全くない
直前のスリーはプレパレーションだし
これだと、上体というか軸はずっと構えているのと変わらないと思うのだが

ルール上、単独ジャンプ前のステップで身体の回転の規定はなかったとは思うけど、
一緒に見てた技術的に詳しくない家族は「ステップあった??」って聞いてきたぞ


離氷が見られていないのは相変わらず


回転不足は日本女子のほうもスルーされてるので、スルーは予想通りだけど
GOEに+1つけているのは着氷姿勢が悪いのもスルーですかね?




4T+3T
videotogif_2017.09.15_20.08.40.gif

着氷で右手クルンと回したあとに伸ばしたって姿勢で
ガッツリ加点は今シーズンも継続のようで

正しい着氷姿勢ではないし、
右手を回すのは余計な力がかかっているのを逃がす動作

右手をクルンすると
 5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
 7) 開始から終了まで無駄な力が全くない
の2項目は確実に当てはまらなくなるのだけどねぇ…



最後のスピン
videotogif_2017.09.15_22.55.53.gif
カメラワークで分かりにくいが、
後ろに見える柵1つ分の距離トラベリングしてるかと
はっきりしないのでスルーするけど



B級大会なので採点が甘いだけってのもあるかもだが、先シーズンのことを思うとね