GPS2017NHK杯男子FSの分析

Screenshot_20171110-211922.jpg



○佐藤選手



3A → -1

 プラス項目 1つ
   4)高さおよび距離が十分

 マイナス要素
   拙い着氷 -1


4T → -2

 プラス項目 1つ
   4)高さおよび距離が十分

 マイナス要素
   ステップアウト -2


4T+REP → -3

 プラス項目 1つ
   4)高さおよび距離が十分

 マイナス要素
   両足着氷 -3
   回転不足 -1
   ステップアウト -2


StSq → +1

    プラス項目   3つ
   1)エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている


CSSp → +1

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数


3A+2T → -2

 プラス項目 2つ
   3)空中での姿勢変形/ディレイド回転のジャンプ
   4)高さおよび距離が十分

 マイナス要素
   ジャンプの間に二つのスリー·ターン -2
   拙ない着氷 -1


3F → -3

 プラス項目 1つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る

 マイナス要素
   拙劣な踏み切り -1
   両足着氷 -3
   転倒 -3


3Lz → -2

 プラス項目 0つ

 マイナス要素
   拙い着氷 -2


FCCoSp → +1

    プラス項目 2つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる


3S → -3

 プラス項目 0つ

 マイナス要素
   拙い着氷 -1
   ステップアウト -2


1Lo → 0

 プラス項目 0つ


ChSq → +1

 プラス項目 2つ
   1)流れがよく、エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分


CCoSp → 0

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数

 マイナス要素
   トラベリング -1


自己採点のGOE合計は-12.8

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20171112-142857.jpg
プロトコルのGOE合計は-10.93

自己採点との差は+1.87



○リッポン選手


4Lz → -1

 プラス項目 1つ
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方

 マイナス要素
   回転不足 -1


3F+2Lo → +1

 プラス項目 2つ
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   8) 音楽構造に要素が合っている


3Lo → +1

 プラス項目 2つ
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   7) 開始から終了まで無駄な力が全くない


FCSp → +2

    プラス項目 4つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数
   8)音楽構造に要素が合っている


StSq → +2

    プラス項目   4つ
   1)エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている
   5)全身が関わり十分にコントロールされた正確なステップを維持
   8)要素が音楽構造を高めている


3A+2T+2Lo → +1

 プラス項目 3つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   8) 音楽構造に要素が合っている


3A → 0

 プラス項目 0つ


3F+3T → 0

 プラス項目 1つ
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方


3S → +1

 プラス項目 2つ
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   8) 音楽構造に要素が合っている


3Lz → +2

 プラス項目 5つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   7) 開始から終了まで無駄な力が全くない
   8) 音楽構造に要素が合っている


ChSq → +2

 プラス項目 5つ
   1)流れがよく、エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)十分に明確で正確
   7)プログラムのコンセプト/特徴を反映している
   8)要素が音楽構造を高めている


FCCoSp → +2

    プラス項目 5つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数
   7)全局面でのコントロールが十分
   8)音楽構造に要素が合っている


CCoSp → +2

    プラス項目 2つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数
   8)音楽構造に要素が合っている


自己採点のGOE合計は+8.8

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20171114-005800.jpg
プロトコルのGOE合計は+9.55

自己採点との差は+0.75



演技後テレビ前でスタオベ👏👏👏




○友野選手



4S → -3

 プラス項目 2つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   4)高さおよび距離が十分

 マイナス要素
   回転不足 -1
   フリー·フットがタッチ·ダウン   -1
   オーバーターン -2


4S+REP → -3

 プラス項目 1つ
   4)高さおよび距離が十分

 マイナス要素
   回転不足 -1
   転倒 -3


3A+3T → +1

 プラス項目 3つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   7) 開始から終了まで無駄な力が全くない


FSSp → +1

    プラス項目 2つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる


StSq → +2

    プラス項目   4つ
   1)エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている
   8)要素が音楽構造を高めている


3A+2T+2Lo → -1

 プラス項目 1つ
   4)高さおよび距離が十分

 マイナス要素
   フリー·フットがタッチ·ダウン   -1


3Lo → +1

 プラス項目 2つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   8) 音楽構造に要素が合っている


3S → +1

 プラス項目 2つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   8) 音楽構造に要素が合っている


3Lz+2T → -1

 プラス項目 2つ
   1)予想外の/独創的な/難しい入り
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る

 マイナス要素
   エッジエラー -2


CCoSp → +1

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数


ChSq → +1

 プラス項目 2つ
   1)流れがよく、エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分


3F → +1

 プラス項目 4つ
   1)予想外の/独創的な/難しい入り
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   8) 音楽構造に要素が合っている

 マイナス要素
   拙劣な踏み切り -1


FCCoSp → +1

    プラス項目 2つ
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数


自己採点のGOE合計は-3.9

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20171114-005818.jpg
プロトコルのGOE合計は-3.25

自己採点との差は+0.65




○ボロノフ選手



4T+3T → +2

 プラス項目 4つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


3A → +2

 プラス項目 4つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


4T → -2

 プラス項目 3つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   8) 音楽構造に要素が合っている

 マイナス要素
   両足着氷 -3


FCSp → +1

    プラス項目 2つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる


ChSq → +2

 プラス項目 5つ
   1)流れがよく、エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)十分に明確で正確
   4)全身が関わり十分にコントロールされている
   6)無駄な力が全くない


3A+2T+2Lo → +2

 プラス項目 4つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


3Lz+2T → 0

 プラス項目 2つ
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   8) 音楽構造に要素が合っている

 マイナス要素
   長い構え  -1


3S → +1

 プラス項目 3つ
   6) 入りから出までの流れが十分
   7) 開始から終了まで無駄な力が全くない
   8) 音楽構造に要素が合っている


3Lo → +2

 プラス項目 4つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   7) 開始から終了まで無駄な力が全くない


2A → +1

 プラス項目 3つ
   4)高さおよび距離が十分
   7) 開始から終了まで無駄な力が全くない
   8) 音楽構造に要素が合っている


StSq → +2

    プラス項目   5つ
   1)エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている
   5)全身が関わり十分にコントロールされた正確なステップを維持
   8)要素が音楽構造を高めている


CCoSp → +2

    プラス項目 4つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数
   8)音楽構造に要素が合っている


CSSp → +1

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   8)音楽構造に要素が合っている


自己採点のGOE合計は+10.6

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20171114-005757.jpg
プロトコルのGOE合計は+11.87

自己採点との差は+1.27




演技後テレビ前でスタオベその2👏👏👏






J6はリッポン,ボロノフ,ブラウンのJ7はボロノフ,ブラウンのPCSの点数が…
この試合のPCSトップ3はこの3選手だとは思うが高すぎでは