GPS2017フランス大会男子SPの分析


Screenshot_20171116-154911.jpg


SPが終わるまでは女子から書こうと思ってたけどね



○クビテラシビリ選手


3A → +2

 プラス項目 4つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   4)高さおよび距離が十分
   6) 入りから出までの流れが十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


4S+3T → +1

 プラス項目 3つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   4)高さおよび距離が十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


FCSp → +1

    プラス項目 2つ
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数


CSSp → +1

    プラス項目 2つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる


4T → -3

 プラス項目 1つ
   4)高さおよび距離が十分

 マイナス要素
   転倒 -3


StSq → +1

    プラス項目   3つ
   1)エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている


CCoSp → 0

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数

 マイナス要素
   トラベリング -1


自己採点のGOE合計は+0.5

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20171118-183602.jpg
プロトコルのGOE合計は+1.35

自己採点との差は+0.85



○サマリン選手


4Lz+3T → -1

 プラス項目 3つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   8) 音楽構造に要素が合っている

 マイナス要素
   拙劣な踏み切り -1
   回転不足 -1


4T → 0

 プラス項目 2つ
   4)高さおよび距離が十分
   6) 入りから出までの流れが十分

 マイナス要素
   拙ない着氷 -1


FCSp → +2

    プラス項目 4つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   5)良い、力強い姿勢
   7)全局面でのコントロールが十分


3A → +2

 プラス項目 4つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


CSSp → +1

    プラス項目 2つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる


StSq → +1

    プラス項目   3つ
   1)エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている


CCoSp → +1

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数


自己採点のGOE合計は+3.3

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20171118-183558.jpg
プロトコルのGOE合計は+4.53

自己採点との差は+1.23


こちらも変わらず4Lzの踏み切りがね…
URは着氷の回転不足



○フェルナンデス選手



4T+3T → +2

 プラス項目 5つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


4S → +2

 プラス項目 4つ
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


FUSp → +2

    プラス項目 4つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   7)全局面でのコントロールが十分
   8)音楽構造に要素が合っている


3A → +2

 プラス項目 5つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
   4)高さおよび距離が十分
   5)四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
   6) 入りから出までの流れが十分
   8) 音楽構造に要素が合っている


CSSp → +2

    プラス項目 4つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数
   7)全局面でのコントロールが十分


StSq → +3

    プラス項目   7つ
   1)エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている
   4)深いはっきりとしたエッジ
   5)全身が関わり十分にコントロールされた正確なステップを維持
   7)開始から終了まで無駄な力が全くない
   8)要素が音楽構造を高めている


CCoSp → +2

    プラス項目 4つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数
   7)全局面でのコントロールが十分


自己採点のGOE合計は+11.1

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20171118-183543.jpg
プロトコルのGOE合計は+12.25

自己採点との差は+1.15


思ってたより点数が出なかった…
甘め採点傾向にあった選手だったのだが



○宇野選手


4F → -3

 プラス項目 0つ

 マイナス要素
   ステップ/動作から直ちにジャンプしない、ジャンプ前のステップ/動作が1つのみ -2
   拙劣な踏み切り -1
   回転不足 -2
   転倒 -3


FCSp → +1

    プラス項目 3つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる
   3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数


StSq → +2

    プラス項目   4つ
   1)エネルギーが十分で焦点の定まった演技
   2)シークエンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
   3)シークエンス中に様々なステップを用いている
   5)全身が関わり十分にコントロールされた正確なステップを維持


4T+3T → 0

 プラス項目 1つ
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る


3A → -1

 プラス項目 2つ
   1)予想外の/独創的な/難しい入り
   2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る

 マイナス要素
   拙ない着氷 -2


CSSp → -1

    プラス項目 2つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる

 マイナス要素
   必須回転数に満たない -2


CCoSp → +1

    プラス項目 2つ
   1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
   2)すばやくスピンの軸をとることができる


自己採点のGOE合計は-3.1

で、プロトコルはこれ
Screenshot_20171118-183546.jpg
プロトコルのGOE合計は+1.3

自己採点との差は+4.4





4F
videotogif_2017.11.18_14.08.31.gif
踏み切りのスルーは当然として、
着氷は…限りなくDGに近いURなので着氷のUR判定に文句はない


ほぼ前向きに踏み切ってほぼ前向きに着氷だと3回転しかしてないのだが
これで着氷が90度ちょっと足りない場合ともらえる点数が同じってどうよ??





4T+3T
videotogif_2017.11.18_20.34.04.gif
ステップ以外の加点要素はどこ?
ファーストジャンプしか見ていないのか??





足換えシットスピン

シットポジションで右足4回転、左足3回転しかしていない
SPの足換えスピンは必須回転数が各足6回転

微妙に足りないのなら見落としかもだが、
今回引き下げていないジャッジは明らかなスルーですね

確実にスルーしたと言えるのはJ3,J6,J7,J8





足換えコンビネーションスピン

キャメルが2回転未満に見えるけどVがついてない





PCSも当然のように高い



SSは
宇野=フェルナンデスにしたのはJ3,J5,J6,
宇野>フェルナンデスにしたのはJ9

RTは
宇野=フェルナンデスにしたのはJ5,J8
宇野>フェルナンデスにしたのはJ3,J9


個人的には曲がかわいそうだと思うような演技なんだが、
これによく後半3項目に9点以上つけられるなと思う






今回も全体的に甘め採点されているが、
明らかにおかしな採点しているのはJ3,J5,J6,J7,J8,J9

3分の2がおかしいってのは…


J1のスペインジャッジは宇野選手に甘採点するわけないし、
残りはJ2(フランス)とJ4(日本)か